ドラマ「アラン使道伝」

脚本:チョン・ユンジョン
演出:キム・サンホ

韓国MBCにて全20話で放送。

スポンサーリンク


作品紹介

主人公のウノは前宰相の庶子。
母親の身分のせいで、イジメられる事も多かったが、それでも母を慕っていた。


所が母はと言えば、自分の一族を陥れた者を恨んでいた。
元々は位の高い家柄の娘だったから。
そうしていつもその瞳は憎い相手を映し、我が子を映すことはないかのように見えた。


そんな母が三年前から消息不明になってしまった。
父の邸で暮らしながらも、時折母に会いに行っていた彼。
その母は瞳に彼を映さないはがりか、その耳に彼の声も届いていないように思え、いつまでも憎しみに縛られる姿に苛立ち、声を荒げてしまったのが最後だった。
以来母の行方が分からない。


だから彼は母を探しに密陽へ。
そこで彼は1人の幽霊と出会う。
アランと呼ばれる女の幽霊は、気づいたら死んでいて自分の名前も分からないし、なぜ死んだのかも分からないのだと言う。
幼い頃から幽霊が見えてしまい、面倒な事ばかりだった彼は、そんな記憶喪失の彼女の事も見えないふりをしてやり過ごした。


しかしその後幽霊が見えるとバレてしまった事から、付きまとわれる羽目に。
何度も何度も自分の死の真相を知りたいと騒ぐ彼女に、もし使道にでもなれたら調べてやる…と無理な事を言って返した。
これでアランから解放されると思って。


所がアランの方が一枚上手で、巫女を利用し、お告げとして役所の役人に新しい使道に相応しい者が居る…と彼の居場所を教えたのだ。


そうして寝ている所を拉致され、無理やり使道にされてしまった彼は、アランとの約束を果たさなければならなくなってしまった。
初めこそやる気がなかったものの、彼女が母のかんざしを待っていた事から、彼女の死について調べれば母を探せるかもしれない…と思った彼は、アランと共に彼女の死について調べ始めた。
そうして2人が見つけた真実とは?


キャスト

 ウノ(イ・ジュンギ)
 アラン(シン・ミナ)
 玉皇上帝(ユ・スンホ)
 ジュワル(ヨン・ウジン)
 ムヨン(パン・ジョンス)
 閻魔大王(パク・ジュンギュ)
 パンウル(ファン・ボラ)
 トルセ(クォン・オジュン)
 ホンリョン(カン・ムンヨン)


吹き替え

 ウノ(石田彰)
 アラン(竹内絢子)
 玉皇上帝(不明)
 ジュワル(河本啓佑)
 ムヨン(鈴木雄二)
 閻魔大王(不明)
 パンウル(不明)
 トルセ(寸石和弘)
 ホンリョン(不明)

※声優さんが不明な箇所があります。
 分かり次第記載して行きたいと思います。


感想&ネタバレ

各話ごとのネタバレ(あらすじ)と全体の感想です。

 ・第1話「府使(ブサ)を求む
 ・第2話「かんざしの記憶
 ・第3話「アランの祈り
 ・第4話「三途の川
 ・第5話「桃園の誓い
 ・第6話「チェ大監家の秘密
 ・第7話「封印されていたもの
 ・第8話「閻魔の怒り
 ・第9話「真夜中の花見
 ・第10話「満月2つ
 ・第11話「ムヨンの苦悩
 ・第12話「ソリムの日記
 ・第13話「400年ぶりの再会
 ・第14話「ウノの師匠
 ・第15話「玉皇上帝の計画
 ・第16話「ソリムの死の真相」
 ・第17話「あの日の記憶」
 ・第18話「アランの手紙」
 ・第19話「母の願い」
 ・第20話「アランと使道の物語」


イ・ジュンギさん主演の「アラン使道伝」はFDOにて配信中。
FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。


 

オススメ度&満足度

オススメ度:★★★☆☆
個人的満足度:★★★★


イ・ジュンギさんが好きなので、彼が出演しているだけで大満足ではあります。
最初に拝見したイルジメに比べ、着ている衣装が両班のものだからか、最初は少しアクションに物足りなさを感じました。
でも扇で戦う姿も様になっているし、次第にアクションシーンの演出もよくなっているように感じ、最終的には楽しめました。
そしてやっぱりイ・ジュンギさんに石田彰さんの声はすごく合うな…とうっとりです。


時代劇ではあるものの、ファンタジーな要素も多く、コミカルなシーンも見られ、時代劇は苦手という方にもおすすめしたい作品です。


スポンサーリンク