ドラマ「アラン使道伝」第14話ネタバレ

ドラマ
この記事は約8分で読めます。

イ・ジュンギさん主演ドラマ「アラン使道伝」第14話「ウノの師匠」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。


「アラン使道伝」はFDOにて配信中。
FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。


前回までの「アラン使道伝」

第1話から第5話

ドラマ「アラン使道伝」第1話ネタバレ
イ・ジュンギさん主演ドラマ「アラン使道伝」第1話「府使(ブサ)を求む」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 「アラン使道伝」はFDOにて配信中。 FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。 ...
ドラマ「アラン使道伝」第2話ネタバレ
イ・ジュンギさん主演ドラマ「アラン使道伝」第2話「かんざしの記憶」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 「アラン使道伝」はFDOにて配信中。 FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。 ...
ドラマ「アラン使道伝」第3話ネタバレ
イ・ジュンギさん主演ドラマ「アラン使道伝」第3話「アランの祈り」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 「アラン使道伝」はFDOにて配信中。 FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。 ...
ドラマ「アラン使道伝」第4話ネタバレ
イ・ジュンギさん主演ドラマ「アラン使道伝」第4話「三途の川」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 「アラン使道伝」はFDOにて配信中。 FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。 ...
ドラマ「アラン使道伝」第5話ネタバレ
イ・ジュンギさん主演ドラマ「アラン使道伝」第5話「桃園の誓い」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 「アラン使道伝」はFDOにて配信中。 FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。 ...

第6話から第10話

ドラマ「アラン使道伝」第6話ネタバレ
イ・ジュンギさん主演ドラマ「アラン使道伝」第6話「チェ大監家の秘密」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 「アラン使道伝」はFDOにて配信中。 FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。 ...
ドラマ「アラン使道伝」第7話ネタバレ
イ・ジュンギさん主演ドラマ「アラン使道伝」第7話「封印されていたもの」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 「アラン使道伝」はFDOにて配信中。 FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。 ...
ドラマ「アラン使道伝」第8話ネタバレ
イ・ジュンギさん主演ドラマ「アラン使道伝」第8話「閻魔の怒り」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 「アラン使道伝」はFDOにて配信中。 FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。 ...
ドラマ「アラン使道伝」第9話ネタバレ
イ・ジュンギさん主演ドラマ「アラン使道伝」第9話「真夜中の花見」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 「アラン使道伝」はFDOにて配信中。 FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。 ...
ドラマ「アラン使道伝」第10話ネタバレ
イ・ジュンギさん主演ドラマ「アラン使道伝」第10話「満月2つ」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 「アラン使道伝」はFDOにて配信中。 FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。 ...

第11話から第13話

ドラマ「アラン使道伝」第11話ネタバレ
イ・ジュンギさん主演ドラマ「アラン使道伝」第11話「ムヨンの苦悩」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 「アラン使道伝」はFDOにて配信中。 FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。 ...
ドラマ「アラン使道伝」第12話ネタバレ
イ・ジュンギさん主演ドラマ「アラン使道伝」第12話「ソリムの日記」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 「アラン使道伝」はFDOにて配信中。 FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。 ...
ドラマ「アラン使道伝」第13話ネタバレ
イ・ジュンギさん主演ドラマ「アラン使道伝」第13話「400年ぶりの再会」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 「アラン使道伝」はFDOにて配信中。 FODプレミアムのお試し期間を利用すれば、1ヶ月無料で楽しめます。 ...


第14話ネタバレ(あらすじ)

人は悲しみで生きていける

ジュワルを追い払ったウノはアランを連れて行く。
そんなウノに、自分の行動を制限する事をダメだと言うアラン。
私は言いたい事はすぐ言うし、会いたければ会う」と。
そんなアランを思わずウノは抱きしめたけれど、彼の手をほどいて去っていくアラン。
後で辛くなるのに、なぜ分からないの?と思いながら。


冷たくしたい訳じゃない。
もちろん嫌いな訳でもない。
多分彼を好きなのだろう。
だからこそ距離を取りたいと思う彼女。
自分が去った後に彼に何も残したくはなかったのだ。
後でそれが彼を苦しめると思ったから。


護符の事が気になり、一人チェ大監宅を訪れるアランは、そこでジュワルと出会う。
邸にはホンリョンが居て、いつもアランを狙っているから、彼は警戒しアランを邸から引き離した。
そこで彼は彼女に気持ちを伝えることにした。
こんな気持になったのは初めてだったから。


私の心の全てをくれないか?そうしたら、今とは違う生き方ができそうな気がするから」と伝えるジュワルは、ホンリョンに従っている自分を変えたかったのだろう。
ホンリョンから彼女を守りたいから。
しかし「無理よ」と即答するアラン。
その答えに、イ・ソリムと婚約していたからだろうと思ったジュワルは、目の前の彼女がその人であるとも知らずに余計な事を言ってしまう。
蝶の止まった場所に花が咲くと言うが、私は彼女にその場所を譲ったつもりはない」と、心はソリムに渡していないと伝えてしまったのだ。
その言葉に彼女は自分の気持ちを再確認していた。
ソリムだった頃は恋い焦がれた人だけれど、今は彼に心はないのだ…と。


その後巫女の元を尋ねたアランは、別々に行動している彼女とウノを「もどかしい」と言われてしまう。
巫女から見れば、互いに想い合っている事がわかるのだろう。
それに二人に限られた時間しかない。
いつまでもすれ違っている場合じゃない…と。


アランさん達だけじゃない。
誰だって死別はある。
心をあげたら後が辛いかもしれないけれど、さの力で生きられるのが人なんです。
悲しみで生きていけるのが人なんです。
何もないよりずっといい、人はその力を糧に生きていけるから。



そう教えてくれた巫女の言葉が胸に響くアランだった。

スポンサーリンク


霊力があるのは誰?

悪霊の壺が盗まれたと知り、ジュワルに憤っていたホンリョンの元にチェ大監が現れた。
彼はアランの正体を知っているという。
後は確かめるだけなのだと。
そうして「ワシに何をしてくれるのだ?」と、ホンリョンに取引を持ちかけた。
忌々しく思いながらも、アランの正体を知りたいホンリョンは、チェ大監の取引に応じることにした。


その後ホンリョンは壺を探す為、悪霊を放った。
放った悪霊はアランの元へとやってきた。
ウノが壺を役所に持ち帰ったからだろう。
しかし眠っているアランは、悪霊が現れた事に気づかない。


その頃ウノはなにか嫌な予感がし、彼女の様子を見に訪れた。
すると悪霊は消え、そこには眠るアランが居た。
それでも安心出来ないのか、そのまま彼女の部屋の前で夜を明かした。


翌朝、彼を見つけ驚くアラン。
そんな彼女にウノは「昨日はどこに行ってた?俺を避けていたのか?」と問い、「この前の事なら取り消さない」と告げた。
彼女に想いが溢れて止まらないと、お前に振り向いて欲しくなる…と伝えた事を取り消さないと断言し、彼女を元を去っていった。


悪霊の壺の事やあの邸の結界の事もあり、彼はあの家の使用人を調べることにした。
チェ大監もジュワルもアランの正体に気づかないという事は霊力はないハズ。
なのにあの邸には幽霊がいない上、結界がある。
誰かが幽霊を追い払い結界を張ったハズなのだ。
その者の正体を突き止めようと思ったのだ。
しかし役所の者に訊いてみても、コドルとキムと二人の従者くらいで、あんなに大きな邸なのに他に使用人はおらず、二人も夜には帰ってしまうという事が分かった。


アランの正体

アランがソリムでは?と踏んだチェ大監は、針母を邸に呼んで、役所に居るアランの姿を確認させた。
ソリムを大切にしていた針母だったが、まだ子供を産んだばかりの娘の元に刺客を送ると脅され、仕方なくチェ大監に従った。
そうしてチェ大監は、アランは間違いなくソリムであると知る事となった。


アランの正体が分かったチェ大監は、早速ホンリョンにその事を伝えに行き、約束の護符をもらった。
それはチェ大監の病に効く護符で、その病の為、彼は未だにホンリョンに頭が上がらなかったのだ。
だから今回の取引で護符をもらった事で、ホンリョンとは手を切ろうと考えていた。


一方アランがソリムである事を知ったホンリョンは、アランの体を手に入れる為に一番必要な彼女の願いを理解した。
ソリムであるのなら、自分を殺した犯人を知りたいハズだと。
だからジュワルにアランに近づき、彼女の心を得るように命じていたが、もう手を引くよう伝えたのだ。
ジュワルがアランに惹かれ始めている事を感じていたし、人間のそんな感情は邪魔でしかないと思っていたから。


その頃巫女は、9代前の祖母の本が見つかったと役所を訪ねて来た。
そうして本の通りに術を使い、あの壺を開くことに成功した。
中からは悪霊が現れたのだが、その悪霊はまっさきにアランを狙って来た。
体をよこせ!」と。


そうして彼女は思い出していた。
以前洞窟で悪霊に襲われた時に「もしお前がそうだったら、大変なことになるぞ」と言っていた事を。
自分は一体なんなのだろう?
上帝に人間にしてもらったハズなのに、何かがおかしい…と不安に思うアラン。


そしてウノは師匠にもらった扇を開き戦うと、アランを襲って来た悪霊は霧散し消えてしまった。
悪霊はチェ大監の仕業で、師匠はこうなる事を知っていたのかもしれないと思うウノ。
なぜならこの扇を託したのがほかならぬ師匠だったから。


ウノの師匠

扇で悪霊を消し去ったのを目の当たりにしていたアランは、「使道の師匠って何者なの?」ともっともな疑問を抱いた。
普通の武術の師匠ならば、悪霊を退治出来る扇など弟子に授けないし、そもそも最初からそんなものを持っているハズがないからだ。


ある日木の下で昼寝をしていたウノ。
そこに現れたのが師匠で、突然彼の隣に横たわった。
そうして彼に「幽霊の倒し方を教えてやろう」と言って来たのだ。
幼い頃から幽霊が見えるせいで、苦労ばかりの毎日だったから、彼は喜んでその言葉を受け取った。
そうして二人で山にこもり修行し、あの扇を授けてくれたのだという。


幽霊に対しては剣と同じ。
無闇に扇を開くな。
武術で叶わない時に使うようにしろ。
使うべき相手は、そのうち戦いの中で自然とわかるようになるだろう。



そんな事を言って彼に扇を授けた師匠は、更に、「この世に意味のない生も、価値のない死もない。いつかこの縁を思い出す時が来るだろう」といい、餞別として『母心簪』と刻まれた簪をくれた。
母の心を得たいのなら、これを贈るといい」と。
そうして最後に「“全ての問の始まりは、お前にある”。この言葉を忘れるでないぞ」と言い残し、以来全く姿を見せなくなった。


使道の師匠には会えないの?そんな扇を持ってるくらいだから、何でも知っていそうな気がする」というアラン。
自分が得体の知れない何かになってしまったと、怯えているのだ。
どうして上帝は、私をこんな体にして人間界に送り返したのだろう?…と。


アランの秘密と母との対面

生きたまま死神に会う方法はないか?
二人はそれを訊きに巫女の元を訪ねていた。
しかしそんな事は教えられない…と断られてしまった。
以前、まだアランが幽霊だった時に、何を捕まえるのか知らないまま、死神を捕まえてしまった事があり、以来その類の依頼を警戒するようになってしまったのだ。


仕方がないと戻った二人は、夜空に向かいムヨンの名を呼んでみた。
会えるのではないかと思って。
けれどそう簡単に会えるものではなかった。


しかし、ムヨンにはその声が届いていたのだろう。
夜、ウノの元に現れたのだ。
アランの体は一体なんなんだ?一体何を企んでいる?」と尋ねるウノに「アランは不死の体を得た。人には無用のものでも、霊的な者はその体で永遠を得ようとする。アランを守れ」そう言い残して去っていくムヨン。


ムヨンの助言もあり、彼は一人でチェ大監の邸を訪れた。
悪霊の事が気になったからだ。
そうしてホンリョンが隠れ家に使っている離れに足を踏み入れたウノは、地下へと続く扉を師匠の扇で開いた。
そのことに驚くウノだったが、そこにムヨンが現れて、「お前の師匠は玉皇上帝だ」と教えてくれた。


そうして二人一緒に地下へと続く階段を降りて行ったその先には、ホンリョンが居た。
ホンリョンと初めて対峙したウノはその姿に驚きを隠せない。
なぜならそこには、ずっと探していた母が居たのだから。


この先の「アラン使道伝」


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました