ドラマ「パーフェクトワールド」第5話ネタバレ

ドラマ
この記事は約9分で読めます。

松坂桃李さん×山本美月さんのドラマ「パーフェクトワールド」の第5話「幸せを願って」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。

スポンサーリンク


前回までの「パーフェクトワールド」

第1話

ドラマ「パーフェクトワールド」第1話ネタバレ
松坂桃李さん×山本美月さんのドラマ「パーフェクトワールド」の第1話「再会した初恋の人は車いすの建築士…変わる運命」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 第1話ネタバレ(あらすじ) 再会した初恋の人 ...

第2話

ドラマ「パーフェクトワールド」第2話ネタバレ
松坂桃李さん×山本美月さんのドラマ「パーフェクトワールド」の第2話「きみを守れない」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 前回までの「パーフェクトワールド」 第1話 第2話のネタバレ(あら...

第3話

ドラマ「パーフェクトワールド」第3話ネタバレ
松坂桃李さん×山本美月さんのドラマ「パーフェクトワールド」の第3話「あきらめた恋再び…二人をはばむ障壁」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 前回までの「パーフェクトワールド」 第1話 第2話 ...

第4話

ドラマ「パーフェクトワールド」第4話ネタバレ
松坂桃李さん×山本美月さんのドラマ「パーフェクトワールド」の第4話「想うほどすれ違う…衝撃の波紋」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 前回までの「パーフェクトワールド」 第1話 第2話 第...


第5話ネタバレ(あらすじ)

娘と別れてくれ

線路へと落ちたつぐみは、駅員により助けられ病院へ運ばれた。
自分一人では無理だと判断した樹は、洋貴に連絡し、妹のしおりや彼女の両親も松本から駆けつけた。


彼女の容態は命には別状なく、幸い電車を緊急停車出来、落下の怪我だけで済んだ。
頭の傷は軽症だったが、足を骨折。
全治二ヶ月と言う診断だ。
医者の話では血液検査の結果、ヘモグロビンが減少している事から、貧血で倒れたのだろうと言う事だった。


そんな説明を受けた後、洋貴が樹に話してくれたのだ。
樹が残業だと知らされていた時間、実はつぐみが自分の為に介護のセミナーに参加していた事を。
それだけでも責任を感じてしまうのに、自分はあの事故が起こった瞬間、彼女のために何も出来なかった事いう事が彼を苦しめていた。


そんな所に松本から彼女の両親が駆けつけ、彼女の父が彼を責める。
一歩間違えば命を落としていたんだ。
どう責任を取るつもりだったんだ
…と。
多分そんな事は彼が一番感じているだろうし、彼女の父だって、彼が悪い訳ではない事を知っている。
それでも娘は大事だから。
どうしても責めずにはいられない。


翌日、病院で彼と彼女の父とで二人で話をした。
そこで彼女の父は娘の喘息の話をし、更に自分の心臓が悪い事を話してくれた。
あの場に私がいたら、きっと助けただろう」と。
今の私は心臓が悪く、娘を背負って走る事は出来ない。だから私の代わりに娘を背負ってくれる人に娘は任せたいんだ」と、父親としての思いを語った彼女の父は、「頼む、娘とは別れてくれ」と言うのだった。


そうして土下座までして頼むつぐみの父と、それをつらそうな顔で聞いている樹の様子を遠くから見つめる長沢もまた、つらそうな顔をしていた。
今回の事故で精神状態が不安定な彼を放っておけないと、長沢は毎日彼の家に通うことを勝手に決めて、更には一人で彼女の病院に行くと言った彼を無理に送って行ったのだ。


開く二人の距離

入院直後に充電が切れてしまった事から、彼に電話を出来ずに困っていたつぐみは、妹に充電器だけでいいから持って来て欲しいと頼んでいた。
にもかかわらずも、しおりが持ってきたのは、本や雑誌ばかりで肝心の充電器は忘れたというのだ。
自分のケータイの電源を入れられない事に苛立ったつぐみは、しおりのケータイを借りて彼に電話をしてみた。


その頃、彼の家に押しかけていた長沢は、彼がテーブルに置きっぱなしにしていたケータイの存在に気づいていた。
たまたま彼が席を外していた時、それがつぐみが電話をかけたタイミングだったのだ。
ケータイの着信に気づいた長沢はディスプレイの『川奈妹・しおり』と表示されたのに気づき、勝手に彼の電話に出てしまう。
そんなことを知らない彼女は、やっと彼の声が聞けると思ったのに、「もしもし」と電話口から聞こえた女の声に驚き、その電話を切ってしまった。


それだけでも十分ひどいのに、長沢は着信履歴から今受けた電話を削除し、彼が戻ると何食わぬ顔で対応してしまったのだ。
彼女が現れた事で、脅かされた自分のポジション。
だからチャンスだと感じてしまったのかもしれない。
今なら二人の距離を広げられる…と。


その後、父が彼に別れて欲しいなどと話をした事を知らないつぐみは、ただ樹が忙しくて会えないと思っていたため、やっと自分のケータイが使えるようになり彼と話が出来た時も、「会いに行けなくてごめん」という彼に「忙しいんだから仕方ないよ」と返したのだ。
それでも彼女の怪我は全治2ヶ月。
両親の意向もあり、会社を休職する形で松本に戻り療養することになってしまったのだ。
だからこのまま松本に帰ると、二人は事故以来会えないまま物理的に離れ離れになってしまう。
その事を寂しく思った彼女は、「このまま怪我が治って東京に戻るまで会えないのかな?」と。
すると樹が「明日見送りに行く。必ず行くから」と約束してくれたのだ。


離れているなんて無理

つぐみが松本に帰る当日、樹は約束どおり彼女の見送りに行こうと車に乗り込んだ。
所がそこで急に合併症を起こし、倒れてしまった。
頭がガクンとハンドルへと倒れ、クラクションを鳴らす。
どれくらいそうしていたのだろう?
ヘルパーの仕事でやってきた長沢が、彼が倒れているのを見つけ、そのまま病院へと運ばれた。


その頃つぐみは病院から松本へ向かおうとしていた。
見送りはしおりと洋貴の二人。
来ると約束した樹は現れない。
それでも約束したから…と辺りを見回し車に乗ろうとしないつぐみだったが、母に促され渋々車に乗り込み松本へと向かった。


病院に居る樹は意識を取り戻したものの、合併症と聞かされ不安に襲われていた。
麻痺が広がったら今の仕事は出来なくなってしまう。
仕事だけが生きがいなのに。
更には今の生活を維持する事だって難しくなる。
今だって十分苦しんでいるのに、まだ悪くなるなんて。

考えると恐ろしいのだろう。
長沢から聞かされたあと、しばらく取り乱してしまった。
そんな彼を「私が支えるから」と長沢は必死に励まし続け、彼は一旦落ち着きを見せてくれた。


松本へとたどり着いたつぐみは、落ち込んで元気がなかった。
両親が色々と話しかけても、一人にして欲しいと不機嫌だ。
別れたつもりなんだろ?見送りにも来なかったじゃないか
彼の事をそんな風に言う父の言葉に、彼女は気づいてしまった。
父が彼に何かを言ったに違いないと。
そうして父親と口論になり、家を飛び出した。


一人で松葉杖で歩いていると、偶然美姫と出会った。
美姫に事情を話すと、「仮に別れる気があったとしても、何も言わずに終わるようなヤツじゃなくない?」と美姫は彼女の前で樹に電話をし、今の彼の状況を確認してくれた。
そこでやっと彼が入院している事を知ることになった彼女は、自宅に戻ると「東京に帰る」と言い出した。
そんな彼女に父は憤慨し、「みんなを不幸にして、自分がでたらめな事をしているって分からないのか?」と怒鳴りつける。
けれど彼女は退かなかった。
自分の意志で戻ると決めて、東京に帰ることにしたのだ。


高速バスで帰ることにして家を出たつぐみだったが、そこには洋貴が車で待っていて、そのまま彼女を乗せて東京へとんぼ返り。
彼女に連絡した時に、ドライブに行かないか?と誘うと「東京に行きたい」と返事をした事から、なにかあったのだろうと思い、来てくれたようだった。


そんな洋貴のおかげで無事に再会を果たした二人だったが、彼は熱が下がらず苦しい思いをしていた。


私も樹くんが好きなの

樹の病室を訪れ、洋貴を先に返して病院に残ったつぐみ。
熱で辛い思いをしている彼をただ見つめる事しか出来ない。
なにか役に立ちたいと長沢に「私に手伝える事はありませんか?」と尋ねてみるも、無視されてしまった。


そんな時、熱が下がらないと様子を見に来た医師に3日も便通がない事を伝えた長沢。
すると医師が便を取り出す作業をすべきだと判断した。
それを聞いた樹はたまらない。
大好きな彼女の前で、そんな事をされたら辛いからだ。
そんな思いを彼が抱えているところに長沢が「元彼の担当看護師でしたので、私がやります」と名乗り出たのだ。
散々長沢に「あなたでは無理」と言われ続けた彼女は、そこで嫉妬と対抗心が出てしまったのだろう。
私がやります」とやはり名乗りを上げた。
出来る訳ないでしょ?」と言う長沢に「経験はありませんが、勉強したから出来るはずです」という。


そんな二人のやり取りに我慢できなくなった樹は「川奈は病室を出ていてくれ」と告げた。
これ以上自分の情けない部分を、見られたくない部分を晒したくはないのだろう。


そうして病室の外で彼女が待っていると、施術を終えたのか長沢が物凄い形相で現れた。
そうして「どうして樹くんを動揺させるような事を言うの!」と声を荒げた。


愛があれば障害を乗り越えられるなんて幻想よ。
障害が日常でなければ彼とはやっていけない。
いい機会だから言っておくけど、私も樹くんが好きなの。
そしてあなたより自信があるわ。
私ならずっと日常として彼を介助して行きていけるわ。



そんな長沢の言葉に打ちひしがれた彼女は、トボトボと病院をあとにした。
するとそこに彼女の忘れ物を届けに洋貴が現れた。
泣いてつらそうな彼女に優しく声をかけ、それを突っぱねられてもひるまず、倒れた彼女をおぶってあるき出した。


そんなタイミングで目を覚ました樹。
長沢に促されて窓の外を見る。
樹は洋貴の想いを知っているから、二人の様子に愕然としてしまう。
だって思い出してしまったから。
つぐみには私の代わりに背負ってくれる人と結ばれて欲しい」という彼女の父の言葉を。
そして彼女の父の望む光景がそこに広がっていたから。


掛け替えのない人

便を出した事が功を奏し、熱が下がった樹は、診断の結果一番恐れていた症状が出た訳ではなく、脊髄損傷の患者に多く見られ手の痺れだったと診断された。
これで病気は一安心だと彼女に電話で知らせた彼は、喜ぶ彼女に「川奈の足が治ったら、デートに行こう」と誘ったのだ。
その誘いにつぐみはとても喜んでいたのが、彼にとっては大きな決意で臨むデートだった。
それは彼女を諦めるためのデートだったから。


電話を聞いていた母も「本当に良かったの?」と案じて尋ねる。
これから先、川奈程好きになれる人には絶対出逢えないと思う」という彼。
それでも大切だから、大好きだから彼女を手放すのだと。
幸せになって欲しいから…と。


そうして彼女の足が完治し、約束のデートの日を迎えた。
季節はすっかり秋となり、紅葉の美しい中、楽しいデートを満喫していた。
ふたりともとても楽しそうだった。
けれどそれが最後のデート。
彼はデートの終わりについに切り出したのだ。


川奈の体育館の桜の絵、もう一度みたいな…。
あの頃が懐かしい。
あの頃のまま川奈と再会出来てたらって思うよ。
川奈と居ると本当に楽しくて、だから思うんだ、歩けたらなって。
歩けたら行けた場所、歩けたら見られた景色、それらを望んでしまうんだ。
川奈が俺にとって掛け替えのない存在で、川奈の事本当に大好きなのは信じて。
だからもう終わりにしよう。
幸せになって欲しいんだ。



そう告げる彼も、告げられる彼女も泣いていた。
止まらない涙、あふれる想い。
強く二人は抱きしめ合うけれど、もう明日からは恋人ではない。
別々の道を歩かなければならない。


続きはこちら

第6話

ドラマ「パーフェクトワールド」第6話ネタバレ
松坂桃李さん×山本美月さんのドラマ「パーフェクトワールド」の第6話「新章突入…決意」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 前回までの「パーフェクトワールド」 第1話 第2話 第3話 第...

第7話

ドラマ「パーフェクトワールド」第7話ネタバレ
松坂桃李さん×山本美月さんのドラマ「パーフェクトワールド」の第7話「巡り会う運命」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 前回までの「パーフェクトワールド」 第1話 第2話 第3話 第4...

第8話

ドラマ「パーフェクトワールド」第8話ネタバレ
松坂桃李さん×山本美月さんのドラマ「パーフェクトワールド」の第8話「本当の想い…今君に伝えたい」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 前回までの「パーフェクトワールド」 第1話 第2話 第3...

第9話

ドラマ「パーフェクトワールド」第9話ネタバレ
松坂桃李さん×山本美月さんのドラマ「パーフェクトワールド」の第9話「もう諦めない」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 前回までの「パーフェクトワールド」 第1話 第2話 第3話 第4...

第10話

ドラマ「パーフェクトワールド」第10話ネタバレ
松坂桃李さん×山本美月さんのドラマ「パーフェクトワールド」の第10話「未来への誓い」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。 前回までの「パーフェクトワールド」 第1話 第2話 第3話 第...


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました