映画「ビリギャル」

意思あるところに道は開ける。
先生のその言葉は、思い出すと勇気をもらえる気がします。


監督:土井裕泰

製作:フィルムフェイス

配給:東宝

公開:2015年5月1日

スポンサーリンク


作品紹介

お嬢様学校に通っている主人公は、授業中はメイクの時間に費やすしたりと、勉強に熱中する事はないものの楽しい高校生活を送っていた。
気づくと彼女は勉強が一番苦手な生徒の集まるクラスで、学年ビリという成績をとるように。
そうして学校で問題を起こし停学になってしまった。


髪を金髪に染めた彼女に、母が塾を勧めたものの、全く行く気はしなかった。
勉強は好きじゃなかったから。
それでも仕方なく行ってみた所、そこでは彼女の人生を変えるような出会いが待っていた。
それが塾で講師を務める坪田だった。


派手な格好で遊びまわる彼女を、周りの大人達はその外側しか見てくれなかった。
最初からダメだと決めつけていた。
けれど坪田は違ったのだ。
彼女がどんなにおかしな答えを言おうが、決してダメだと決めつけず、いつしか彼女に唯一信頼される大人になっていた。


そうして学年最下位のギャルだった主人公のさやかは、一年で見事慶應義塾大学に合格を果たす。
そんな彼女の努力と、彼女を支える家族や友人、そして彼女を導く坪田の物語。


キャスト

 ・工藤さやか◆有村架純

 ・坪田義孝◆伊藤淳史

 ・森玲司◆野村周平

 ・本田美果◆松井愛莉

 ・香川真紀◆蔵下穂波

 ・岡崎結衣◆阿部菜渚美

 ・宮下久美◆金子海音


感想

意思ある所に道は開ける。
そんな言葉を教えてくれた先生がとても素敵でした。
自分が塾講師をしていた事があり、以前は先生と呼ばれていましたし、今も当時の教え子の皆さんは私の事を「先生」と呼んで仲良くしてくれています。
でも私は彼らにとって、この作品の先生のようないい先生ではなかったと思います。
だからこそ、もう一度「先生」になる機会があればと思いましたし、そんな機会を得る事が出来たら、少しでも彼のような生徒の可能性を信じ、生徒たちに勉強の本当の楽しさを伝えられる人になりたいと思いました。


また先生の影響を受けて変わっていく主人公。
彼女の変化の様子がとても丁寧に描かれていました。
そんな彼女の様子に、自分の人生でそこまで真剣になにかに打ち込んだ事はあっただろうか?と考えさせられました。
答えはもちろんノーで、一生に一度くらい、彼女みたいになにかに真剣に打ち込んでみたいと思いました。
もちろん「もうこんな年だし」と言う都合のいい言い訳はいくらでも存在します。
けれど、それすらも封印してしまう「意思ある所に道は開ける」という先生の言葉があるのです。
道がないように感じてしまうのは、私に確固たる意思がないからなんじゃないかと。


そしてそんな主人公の頑張りが、少しずつ少しずつ周りを変えていく、巻き込んで行く。
そんな様子も見ていて気持ちが良かったです。
バタフライ効果とでもいいましょうか。
最初は彼女が「慶応に行く」という言葉をみんな笑っていた。
でも、そこから彼女が始めた努力が、次第に本気になっていき、それを周りに見せる事で周りが彼女を応援してくれる。
そして彼女に感化されて周りのみんなも変わっていく。
更には彼女自身が努力をした事で、彼女の言葉に重みが出て。
だからこそ弟の心にも言葉が届いたのかな?と思えるシーンも大変印象的でした。


頑張りたいと思いました。
そして頑張った向こうで、私を待っててくれるものはなんだろう?
どんな景色が見えるのだろう?
…と、ただ頑張りたいという衝動だけでなく、その後の世界へのワクワクまでくれたように思います。
ステキな作品でした。
出会えてよかったです。


オススメ度&満足度

オススメ度:★★★★★
個人的満足度:★★★★★


頑張る気持ちが欲しいな…というときに、勇気と元気をくれる作品だと思います。


スポンサーリンク