映画「信長協奏曲」

監督:松山博昭

製作:FILM LLP

配給:東宝

公開:2016年1月23日

スポンサーリンク


キャスト

サブロー/織田信長◆小栗旬

織田信長/明智光秀◆小栗旬

帰蝶◆柴咲コウ

池田恒興◆向井理

羽柴秀吉◆山田孝之

前田利家◆藤ヶ谷太輔

市◆水原希子

徳川家康◆濱田岳

柴田勝家◆高嶋政宏


主なキャストをご紹介しています。
データベースにまとめやすいように、10人程度のご紹介とさせて頂いております。



あらすじ

勉強が苦手な普通の高校生のサブローは、ある日突然戦国時代へとタイムスリップ。
そこで出会った自分にそっくりの織田信長。
そうして体の弱い信長から、サブローは信長の身代わりになって欲しいと頼まれてしまう。


そうして慣れない時代で身代わりを務める事となったサブローは、普通の高校生の普通の感覚から、歴史に疎いながらも信長の政策を行っていく。
人と争う事よりも、仲良くする事を選びたがる彼の人柄に、次第に家臣たちも惹かれ、史実どおりの天下人へと上り詰めていく。


それもすべて明智光秀と名乗り、サブローに仕えている本物の信長に頼まれたからしていた事であったが、自分に得る事のできなかった人望を得て、妻の愛までも手にしているサブローを快く思えなくなったこともあった信長。
けれど、次第に信長自身も、彼に惹かれて行くように。


所が信長に恨みを持つ秀吉は、表面上は信長に仕えてはいるものの、信長を狙っていた。
そうしてついに、秀吉が復讐の為に動き出し、舞台は本能寺へ………。


感想

ドラマの時から大好きでした。
大好きなので既に観ていたのですが、プライムで配信されていたので、飛びついた作品。


一度もこの作品に触れて居ない方は、ドラマを一通り観てから、映画を観られた方が楽しいと思います。
彼がどうして信長となり、あそこまで家臣に慕われるようになったのかが分かるから。


あのドラマの一連の流れがあり、そうしてここで全てが完結する作り。
その為、ドラマからのファン向けであり、劇場版のみでは伝わらない部分は多い作品。


彼があの時代に信長として生きた事、伝えたい想いがとても素敵だと思いました。


ドラマに関連付けた感想となりますが、普通の高校生が現代の高校生らしい発想から、信長の政策を一通り行ってしまう事など、凄く良く出来ているなぁ…と感心させられました。
そして彼が信長だったから生まれた絆も素敵でした。


帰蝶に関しては、父が現代人と言う設定でしたので、ラストの展開にかなり期待して観てしまいました。
例えば父の代わりに帰蝶が現代に…とか、君の名はのように、現代に戻ったサブローが未来のどこかで帰蝶と出会うとか。
そう言うハッピーエンドを期待していたので、そこまでハッピーな終わりには感じられなかったものの、あの時代にあの仲間たちと生きたと言う証は彼の中にしっかりと残っているのだろうと思います。
私たちの見えないどこかで、彼の支えになるのかな?と。


そして帰蝶からのメッセージも、とても感動出来ました。
だから、余韻の残るいい終わりだったのかな?とも思います。
またどこかで彼らに会いたいなって、そんな風に思わせてくれる、とてもステキな作品でした。


オススメ度&満足度

オススメ度:★★★★
個人的満足度:★★★★★


サブローのファッションもすごく素敵で、ドラマも毎週楽しみでした。
劇場版もすごくステキなファッションで、そこも楽しめました。


原作よりも人間臭い所があるというサブロー、そんな彼の人間臭さに心が揺さぶられました!
興味のある方はぜひ!


スポンサーリンク