丸井章夫「幸運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい」

ドラマ
この記事は約3分で読めます。

[amazonjs asin=”4799104187″ locale=”JP” title=”幸運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい”]

著者:丸井章夫
フォーマット: Kindle版
ファイルサイズ: 689 KB
紙の本の長さ: 129 ページ
出版社: すばる舎 (2015/11/25)
販売: Amazon Services International, Inc.
言語: 日本語

スポンサーリンク


出会い

ずっと読みたいと思っていて、積極的に出会いに行きました。
割といつも何となく本を選んでいる私には、なかなか珍しい出会い方。


その甲斐あり、ステキな内容に読んで良かった一冊。
繰り返し読んで実践して行きたい本なので、Kindleで無料で読めたものの、購入してしまいました。


感想

以前丸井先生の本を読ませていただいた時に、願い事は過去形でと教えて頂き、従ってきました。
それでも何となくしっくり来ない。
どうしたらいいだろう?
…と言う悩みが、今回のこの本との出会いで解消されました!


私の中の過去形は「~した」でしたが、「~している」と言う書き方の実例が。
その語尾を見た瞬間に「コレだ!」と思いましたし、実際に使ってみてとても良かったのです。
以来、毎日この書き方で実践。
一ヶ月書き続けた事で願いも叶えました!


大きい願いはまだ叶っていませんが、小さな願いが1つでも、叶えたと言う実績は凄いと思うのです。
やっぱりノートの神さまは私の味方なんだと思えました。


また今回、本田選手の卒業文集について書かれていて。
以前父が視聴している株の講座でも、本田選手の卒業文集の話に触れられていたのですが、実際に見ると感動しますね。
私の卒業文集の将来の夢なんて、ぼんやり漠然としていたものでしたが、ハッキリとしていて、とても具体的に書かれているのです。
それほど、本田選手は自分の夢を明確にイメージ出来ていたのだろうと思うのです。
だからこそ、あれだけの一流選手になったのだろうと。
そう言うことを詳しく知る機会を得た事にも感謝しています。


また本書では、3つのノートについて詳しく説明されていますが、その3タイプのノートを1つにまとめて書いていいと言う所も、実践しやすく感じました。
大抵いくつかのタイプのノートを書くことを勧めている場合、それぞれノートを用意してと言う展開でしたので、嬉しい驚きでしたね。
いつもなんでも1つのノートにまとめて記入していく。
そうする事で、どんどんノートの神様さまと仲良くなっていけるのかも?と思い、ワクワクした気分で読み進められました。


万物を生み出す3という数字についてや、仏眼の話もためになりました。
ちなみに私には仏眼がありましたし、仏眼の説明に、小さい頃からある体験も納得出来ました。
人に見えないものが見えたり、呼びかけられたり、首絞められたり、背中に紫の赤ちゃんサイズの手形をつけられたり…と。
仏眼のある人は、そういう感覚がちょっと鋭いと説明されていて、とても納得出来ました。
仏眼の事を知ることが出来て良かったな…と。


更に色々な感情の処理の仕方や、セルフイメージアップ方法なども教えてくれていて、とても丁寧な内容に感動しました。
二冊のノートの神さまの本を参考に、ノートの神さまとの親密度を深め、これからも少しずつ望む未来を形にして行くことが出来たらと思っています。


オススメ度&満足度

オススメ度:★★★★
個人的満足度:★★★★★


書くことがとにかく苦手…という方もいるかな?とオススメ度は控えめに。
それでも実際に書いた事で叶いましたので、みなさんもぜひノートの神さまと仲良くなってみてください。
書き続ける人に、ノートの神さまはきっと微笑んでくれるハズ!


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました