アニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」【第1話 公安9課】ネタバレ

アニメ
この記事は約3分で読めます。

アニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」
「第1話 公安9課」のネタバレをまとめました。

スポンサーリンク


料亭で芸者ロボット、外務大臣を捕らえる

料亭内で事件が起こった。
芸者ロボットが暴走し、客を捕らえたのだ。


被害に遭っているのは、外務大臣と秘書官、そして外務大臣の講演会長、北米産業の役員。


事件の知らせを受け、対応しようとする警察に、なぜか軍が介入し揉めてしまう。
警察は自分たちの案件だと主張し、軍は軍で警察の出番ではないと。


そこに公安9課長の荒巻が現れ、事件は9課が引き継ぐ事に。


9課突入、外務大臣解放

荒巻からの知らせを受け、既に突入準備をしていた少佐達が突入。
芸者を制圧し、大臣を救出。


北米産業の役員は脳の損傷が激しく死亡が確認され、撃たれていた秘書官は、脳にダメージを負ったものの命はあるようだった。


芸者ロボットは遠隔操作されており、追跡ウイルスを送り犯人を発見。
バトー達が追いかけ確保。
所が、確保した直後、犯人は自ら記憶を焼き消してしまった。


一ノ瀬レポートに興味を示していた外務大臣

軍が今回の件に介入しようとしたのは、外務大臣の内偵調査をしていたから。
今回脳に損傷を負った女性は、軍から内偵に送られた者だった。


内偵を行った理由は一ノ瀬レポート。
非常時における外交及び、軍事的シナリオを含む法がそれだ。
その一ノ瀬レポートに、最近外務大臣が興味を示している事から、その理由を探るべく内偵が行われた。


外務大臣が解放はされたものの、まだ事件は終わっていない。
ここからも引き続き、9課が捜査を進める事に。


脳殻を乗せ替えられた外務大臣

監視カメラの映像に、不審な点を発見した少佐。
外務大臣は酔うと芸者と脳殻を入れ替えて遊ぶ癖があるらしく、芸者と共にトイレに消える映像。
その直後、北米産業の役員もトイレへ。


なかなか戻らない大臣を案じ、トイレへと様子を見に行った秘書官。
けれど彼女は何かに怯え、トイレから出てきた。
そしてその後映像が途切れ、再び映像が戻った時には、秘書官は頭を撃たれていた。


そんな映像を少佐が課長に見せて報告している時、トグサは現場検証を行っており、救出時に大臣が持って行ったアタッシュケースは、監視カメラの映像では北米産業の役員が持っていた事に気付いた。
そうしてそこから推測し、一つの結論に達した。


それが敵の狙いが一ノ瀬レポートならば、大臣の外見だけあればいいと言う事。
つまり、大臣は脳殻を乗せ替えられてしまったと言う事。


そう、彼らの救出した大臣は、外見こそ外務大臣だが、その脳殻は北米産業の役員のものだったのだ。


アタッシュケースの中身

脳殻を乗せ替えられていると気づき、慌てて軍に確認すると、外務大臣は北米産業の者と一ノ瀬レポートを取りきにたと。
コピー不可な一ノ瀬レポートを渡したから、多少の時間稼ぎは出来るだろう…と聞き、大臣が向かった空港へと急ぐ9課のメンバーたち。


空港では大臣専用機に乗り込むばかりになっている大臣が、ロビーで一ノ瀬レポートを解読しようとしていた。
けれど直ぐには解読できない。
イラついている大臣は、搭乗の準備が出来たと呼ばれ専用機へと向かう。


所が既に課長が手を回していたため、大臣専用機が遅れる事になっていた。
そうして搭乗出来ずにいる所に、9課のメンバーが到着し、大臣を捕らえる事に成功。
大臣が手にしていたアタッシュケースには、本物の大臣の脳殻が収められていた。


そうして事件は無事に解決し、一ノ瀬レポートが海外に流出する事は無かった。


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました