アニメ「ランウェイで笑って」1着目

アニメ
この記事は約8分で読めます。

花守ゆみりさん✕花江夏樹さんのアニメ「ランウェイで笑って」1着目「これは君の物語」のネタバレ(あらすじ)をまとめました。

スポンサーリンク


1着目「これは君の物語」のネタバレ(あらすじ)

絶対に諦めない。
だって諦めたら私で居られなくなるから。

夢との出会いと挫折

千雪の父の立ち上げたモデル事務所ミルネージュ。
そこに所属するモデルの雫は、パリコレに出演した。
当時、まだ幼かった千雪は、パリコレのランウェイを歩く雫の姿に衝撃を受けた。
美しかった。
カッコ良かった。
だから猛烈に憧れた。
コレだ!コレしかない!と。


そうして千雪もいつかパリコレに出る事を目標に、モデルの仕事を始めた。
幸い体型に恵まれ、発育も早かった。
その年で158センチの身長って、末恐ろしい…と、他の所属モデル達が感嘆する程に。


当然彼女も今この身長なら、雫さんくらいの年には、もっと大きくなってるよね!と、将来の自分の身長を楽しみにしていたのだ。
仕事も順調で、誰の目から見ても順風満帆だった。


所が、高校2年になった今、千雪の身長は158センチ。
そう、あの当時から1センチも伸びて居ないのだ。


当時はパリコレも夢じゃない!と誰もに認められていたのに。
高校2年になった彼女は、「その身長では無理だ」と雫にも父にも言われてしまった。
きっと誰もが口に出さずとも思っているのだろう、そんな小さいモデルはパリコレに出られる訳がないと。


それでも彼女は諦めなかった。
絶対にパリコレに出るのだと。
けれど2年前、千雪は父の事務所ミルネージュをクビになった。


似ている二人

身長だけは努力で補えない。
それでも彼女に諦めると言う選択肢はなかった。
だからミルネージュでオーディションが行われる度に、彼女はそこに参加していた。


結果は毎回不合格。
その度に雫に「無理なのよ、諦めなさい」と言われていた。


そんな時に学校では卒業後の進路調査票が配られた。
千雪は迷う事なく『スーパーモデル』と記し、すでにモデルじゃんとの友達の言葉を受け、『ハイパーモデル』と書き換えた。


その日は千雪が日直で、放課後に進路調査票を集めて持ってくるよう言われていた。
そこに都村育人が現れ、調査票を書き直したいから待っていて欲しいと言うのだ。
『就職』と書かれた彼の調査票を渡し、放課後の教室で待っていた千雪。
けれど一向に育人が現れる気配がない。


痺れを切らした千雪は、彼を探しに教室を出た。
人伝に手芸部だから被服室に居ると聞き、育人を訪ねるとそこで彼は雫が出演したパリコレのDVDを見ていたのだ。


育人はと言えば、その時の雫の服が素敵だから、DVDの映像を参考に見様見真似で作ろうとしていたのだ。
しかし育人の家は母子家庭で母が入院中。
彼には3人の妹がおり、彼がアルバイトに励み家計を支えていた。
そんな状況下、古着や頂き物の服をバラしての服作りだ。
思うような作品には仕上がらなかった。


それでもそんな彼を面白い子だと思った千雪は、「私に似合いそうな服はどれ?」と尋ねた。
すると育人は被服室の隣の部屋にある数々の作品の中から、ボーイッシュなパーカーを選んでくれた。
藤戸さんは思った事をハッキリ言うし、むしろ僕より男っぽいから…」と。


そして育人は彼女を前に考えを巡らせた。
彼女の男っぽい内面と、見た目の女性らしさのギャップを表現するには、この服をどう改良したら良いか?と。
ぶつぶつ言いながら、服のことを考え出した育人の様子や、その部屋に置いてある彼の作品から育人の服への想いを感じ取った千雪。
だから呟いたのだ。
なればいいのに、デザイナーに」と。


けれど育人には家庭の事情がある。
どこの大学にでも進学出来ると言う頭のいい妹に、好きな大学に入って欲しかった。
バレーボールが得意な二番目の妹に、バレーボールの強豪校に入って欲しかった。
まだ5歳の幼い妹には、彼女が好きな未来を選択出来るようにしてやりたかった。

彼が就職すれば、それら全てが叶えられる。
だから彼がデザイナーになりたいと思っても、就職以外に選択の余地はない。


そんな育人の境遇を聞き、自分と同じだと思った彼女。
彼にも彼女にも夢がある。
とても憧れている夢だ。
けれどその夢への道を生まれ持ったものに阻まれているのだ。


自分の心を抉る言葉

就職しか選択肢のない育人は千雪に尋ねた。
高卒でもデザイナーになれるでしょうか?」と。
彼女の父はミルネージュと言うブランドも立ち上げていた。
モデルでもあり、父がブランドを持っている事から、彼女はデザイナーの世界にも育人よりも詳しかった。


どうなんだろうね」と言った彼女は、「パパのブランドでも専門か大学を出てないと雇ってないし。知っているデザイナーはみんな専門の学校を出てる。厳しい世界なんだよね」と。


ただ憧れだけで辿り着ける場所ではない事は、育人だって分かっていた。
そこに彼女は更に追い討ちを掛けた。
無理なんじゃないの」と。
けれど育人はそこで踏ん切りをつけたのだ。
どの道就職以外ないのだから。


けれど彼女の放ったその言葉は、彼女に大きく返ってきた。
彼女の心を抉るように。
なんつった、私?」と自分の言葉に衝撃を受けた彼女。
今まで散々言われて来た言葉。
それでもそんな訳ないと跳ね返して来たのは自分なのに。


誰に向けた言葉なんだろう?
私への言葉?彼への言葉?

分からなくなった彼女は被服室を飛び出した。


ハイパーモデルと千の雪

また不合格。
彼への言葉を悔いている千雪は、衝動的にまたミルネージュのオーディションを受けて落ちたのだ。


毎回現れては不合格となる彼女を案じたスタッフが、彼女のために大手モデル事務所の概要を用意して渡してくれていた。
その時は心配ありませんと言った彼女だったが、ついにそこに手を出してみたのだ。
すると大手であるにも関わらず、一つ目の事務所に合格。
本人も驚いたものの、これを才能と言わずしてなんと言う?と、自らの才能への自信に繋がった。


そんな浮かれた気分で学校の廊下を歩いていると、先生に呼び止められた。
そして先生は進路調査票のスーパーモデルやハイパーモデルってなんなの?と尋ねた。
スーパーモデルはパリコレで活躍するモデルの事で、ハイパーモデルは…とそこまで言った所で気づいた。
彼女の目指していたもの、それはただパリコレの舞台に立つ事ではなく、ミルネージュからパリコレの舞台に立つ事なのだ!と。


父の立ち上げたミルネージュ。
創立は彼女の生まれた年だ。
モデル事務所を設立したら、フランス語で名前をつけよう…とずっと決めていた父。
そしていざその夢が叶った時、一番大切なものの名前をつけることに決めた。
だからミルネージュだ。
ミルネージュとは『千の雪』。
そう、千雪のことなのだ。


だから他の事務所ではダメだったのだ。
ミルネージュからパリコレに出演する事、それを成し遂げるモデルが彼女の言うハイパーモデルだ。


ハイパーモデルがなんなのか気づいた千雪。
すぐさま育人の居る被服室へ。
そうして彼に頼んだのだ。
私が一番魅力的に見える服を作って!と。


垣間見たパリコレの舞台

今日もまたミルネージュのオーディション。
雫と共にオーディションを担当するスタッフは「今日も千雪さん来ますかね?」と案じていた。
それでも雫は彼女に教えてやるしかない。
何度でも何度でも。
158センチのモデルはパリコレの舞台に上がれないと。


辛い役目ですね?」と言うスタッフに「千雪の辛さに比べたら」と返す雫。
すると廊下にいるスタッフが、千雪が来た事を告げた。
今日も諦めろと無理だと教えてやらなければ…と、そんな使命感で千雪を迎え入れた雫だった。
しかし雫の目に一瞬パリコレの舞台が見えたのだ。
入ってきた千雪と、彼女の纏う服、そして千雪自身のその雰囲気に。
本当に一瞬だったがパリが見えてしまったのだ。


だから「1%だけ可能性が見えた」と、「諦めたら私じゃいられないの!」と訴える千雪に伝えた。
そうして彼女と契約を結んだのだった。


君の物語

1%だけ可能性が見えたと言う事で、2年ぶりにミルネージュの所属となれたあの日。
千雪はオーディションの前に街角スナップを撮られていた。
育人に作って貰った服は可愛いと褒められ、どこで買ったのか?と聞かれるほど。
けれど素人の手作りとは言いづらく、そこのミルネージュで!と思わず嘘をついてしまった。
そうして彼女の写真は雑誌に載ったのだ。


雑誌が発売されてまもなく、たまたまそのページを目にした人気モデルのセイラが、彼女のスナップをスマートフォンで撮影。
自身のSNSに「この服可愛い」と投稿。
セイラの人気も相まって、育人の作った服とそれを着た千雪は瞬く間にネットで話題になった。


SNSの拡散力と雑誌にミルネージュのコーデと書かれていた事から、父の会社へ問い合わせが殺到。
そして遂に千雪が父に呼ばれ、あの服の作者である育人へとたどり着いた。


自宅へ連絡を貰った育人は、ミルネージュに呼ばれていた。
そこで今回の騒動で、彼の作品がミルネージュのものであると誤解させてねしまった事のお詫びをされたうえで、あのデザインを買い取らせて欲しいと打診された。
思わぬ出来事に驚きつつも、快諾した育人だったが、彼女の父から更なる提案が。


就職すると決め、ファンジョンデザイナーの夢を諦めていた彼に、うちで企画を立ち上げているから、君にそれを任せたいと言われたのだ。
君の好きにやってもらって構わない。
つまりこれは君の物語だ!
と。
所が………。


これから先の「ランウェイで笑って」

1着目から5着目

6着目から10着目


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました