TVアニメ「宇宙よりも遠い場所」

監督:いしづかあつこ

脚本:花田十輝

製作:マッドハウス

放送:2018年1月から3月

スポンサーリンク


キャスト

玉木マリ:水瀬いのり

小淵沢報瀬:花澤香菜

三宅日向:井口裕香

白石結月:早見沙織

藤堂吟:能登麻美子

前川かなえ:日笠陽子

鮫島弓子:Lynn

財前敏夫:松岡禎丞

氷見大:福島潤

轟信恵:阿澄佳奈

佐々木夢:遠藤綾

安本保奈美:小松未可子

迎千秋:てらそままさき

高橋めぐみ:金元寿子


あらすじ

高校二年生の主人公玉木マリ(キマリ)は、ある日散らかった部屋で高校入学当時に使っていた手帳を見つける。
頭に落ちてきたそれは、ページが開いていて、「青春する」と高校入学時の目標が記されていたのだ。
そんな目標も、その時の気持ちもすっかり忘れていた彼女は、その事をキッカケに何も出来ていない自分を変え、何かを成し遂げたいと思うように。


その頃、偶然同じ高校に通う女性との落とした100万円の入った封筒を拾った。
落とし主は「南極」と呼ばれ、馬鹿にされていた小淵沢報瀬。
南極観測隊員だった母が南極で行方不明となり、「お母さんが待っている」と自ら南極へ会いに行く事を決意。
そのための費用として、友達付き合いをすることもなく、必死にバイトをして貯めたお金だった。
そんな報瀬との出会いから、キマリは自分も一緒に南極を目指すことに。


そうして南極行きの費用を貯めるため、コンビニでアルバイトを始める事になったキマリは、バイト先のコンビニで三宅日向と出会った。
日向は高校を中退しており、それでも成績は優秀で大学を目指していた。
そんな日向もまた、「大学に行く前になにか大きな事をしたい」と考えており、二人の計画に参加する事となったのだ。


けれど高校生である彼女たちが簡単に南極に行けるはずもなく、報瀬の立てた計画で観測隊員達に直接気持ちを伝えるも失敗に終わった。
ところがその現場に現役高校生タレントの白石結月が居たのだ。
結月は南極チャレンジに参加し、レポートをすることになっていたのだが、あまり乗り気でなかったため、報瀬を訪ね、自分の代わりに南極に行かないかと持ちかけた。


当然結月の母でマネージャーでもある白石民子に止められるものの、結月を説得してくれたら三人を同行者として南極に連れて行くという話に。
なんとしても第二回の南極チャレンジに参加したい三人は、結月を説得に向かった。
そこで結月の事情を知り、友達が居ない事へのコンプレックスにも触れた三人は、無理な説得は諦め、彼女の好きにさせることに。


そうして南極への道は絶たれたかのように見えたが、彼女たちとなら友達に近い存在になれるかも知れない…と感じた結月から、一緒に南極に行って欲しいと頼まれ、四人で南極を目指すことになったのだった。


向かう先は宇宙よりも遠い場所、南極。
その道程には、彼女たちがまだ経験したこともない大変な苦難が待ち受けていた。
そんな苦難を乗り越え、成長し、絆を深めていく四人の女子高生達の物語。


感想

すごく泣けました。
評価が高いからと思いつつも、女子高生が南極?と思って見ないで過ごしたあの日の自分に教えてあげたい。
四の五の言わずに、まず見てみなさい!と。


ちょうど苫米地英人先生の本を読んでいた時が、この作品を観るタイミングと重なりました。
報瀬ちゃんのゴールは「南極にお母さんに会いに行く事」で、ずっと南極と言い続けた彼女は「そんなの無理だ」「何をバカな事を言っているんだ」という、ドリームキラー達に囲まれる。
けれど、彼女はゴールしか見ていなかった。
そして誰が聞いても困難に思うそれを成し遂げてしまった。


そういう点から観ても、大変おもしろい作品でした。
だってあれだけ強い意思で「行く」と願ったら、それは絶対叶うよ!と思える程、報瀬ちゃんがしっかりと芯の通った素敵な子だったのも良かったです。
そしてそんな彼女に共感し、応援し、共に夢を目指す仲間、ドリームサポーターが出来て行くのも、私の読ませて頂いた本と平行していたので、なんか二重に感動した感じがあります。


突拍子のない夢、でもそれを認めて共感してくれた仲間達。
そしてその仲間である他の3人にも、それぞれに目的があり、その目的の為に目指した南極。


女子高生が南極に行くという凄い設定だから、あっさりいけてしまうのだろう…なんて甘く見ていた自分が恥ずかしい。
大変な苦労をして、たどり着く南極。
そんな中で、彼女たちは絆を深め、人として一回りも二回りも大きくなっていく。
そんな彼女たちの真っ直ぐな思いや、頑張りに、周りの大人達もまた変わっていく。
そんな様子が丁寧に描かれていて、あっという間に全話見終えてしまいました。


綺麗に終わってます。
すごくいい終わり方だと思います。
それでも彼女たちの関係が、一緒にぺんぎん饅頭号に乗っていたみんなが素敵だったから、もっともっと南極で頑張ってほしかったし、出来る事なら彼女たちが再び南極に向かう様子を見たいと思ってしまう。
そんな作品でした。


OPもEDも音楽が素敵で、BGMも素晴らしかったです。
色々な要素が、登場人物の心情を上手に伝えてくれていました。


そして秀逸なのが声優さんの演技。
みんな本当に素晴らしかったです!
沢山のレビューで拝見しましたが、花澤さんが本当にすごかったです。
南極に行った意味、あそこで思い切り泣けた事で、彼女の中でお母さんとの事がちゃんと消化出来前に進めたんだな…というのが、花澤さんの巧みな演技でとても良く伝わって来ました。
他の三人も本当に素晴らしくて。
ここまで何もかもが素敵な作品はそうそう出会えないと思うのです。
だからこそ、このタイミングでこの作品に出会えた事に感謝の気持ちでいっぱいです。


沢山の勇気と生きる力を貰いました。
また挫けそうな時には、この作品を見返す事で、力を貰いたいなって思える作品でした。


映画が大好きで、「ルディー」という本当に頑張っている人の実話の物語が大好きです。
人生に絶望し、頑張る力なんて全く湧いて来ないと感じた時に、観るようにしている大切な作品です。
その作品に負けないくらい、今後の私の人生で、何度も力をくれる作品になるんじゃないかと思えました。


今も彼女たちの頑張りが、互いが互いを支える優しさが、信じて前に進む強さが、私の中に残っていて、そして作品中に使われた音楽たちが私の中にあふれています。
素敵な感動と、いつまでも消えない余韻をありがとうございました。


オススメ度&満足度

オススメ度:★★★★★
個人的満足度:★★★★★


スポンサーリンク