ドラマ「君の声が聞こえる」の感想とネタバレ(あらすじ)

ドラマ
この記事は約3分で読めます。

イ・ボヨン✕イ・ジョンソク✕ユン・サンヒョンのドラマ「君の声が聞こえる」の作品紹介です。


脚本:パク・ヘリョン

演出:チョ・スウォン

韓国SBSで2013年に全18話で放送。

スポンサーリンク


「君の声が聞こえる」の作品紹介

人の心の声が聞こえてしまう青年スハ。
彼がこの能力を手に入れたのは、ある事故がキッカケだった。


それは10年前に起こった交通事故。
父と車に乗っていた時、トラックが彼らの車に突っ込んで来たのだ。
更にそのトラックを運転していたジュングクは、鉄パイプを手に降りてきて、彼の父を殴り殺した。
その時だった。
ジュングクの父を恨む心の声が聞こえたのは。


直後今度は同乗しているスハも、父同様に殴り殺そうと鉄パイプを振り上げたジュングクだったが、助けを呼んだスハの声と事故の音に気付いて近くまで駆けつけていたヘソンが、彼を助ける為ケータイを取り出し写真を撮ったのだ。
そのシャッター音に気づいたジュングクは、標的を彼から彼女へと変更。
今度は逃げる彼女と彼女の母がお手伝いをしていた家の娘の二人を追いかけて来た。


必死に逃げ、パトカーのサイレンの音に救われた二人だったが、ジュングクが人を殴り殺す瞬間を目撃している上に、「今見た事を話したら命はないと思え。お前も家族も」とジュングクに脅迫されてしまう。


その日の事件は事故として処理されようとしていたが、生き残った息子が父は殺されたと証言した事から裁判に。
しかし幼い子供一人の証言では、信憑性も薄く事故として解決されようとしていた時、ヘソンが再びスハを救ったのだ。
法廷に現れ、ジュングクのしたことを証言してくれたから。


けれどその事で怒り狂ったジュングクに、ヘソンは法廷内で首を絞められ殺されそうになった事から、法廷を出た後後悔の涙を流していた。
そんなヘソンにお礼を言い駆け寄ったスハは、泣いているお姉さんを見て、子供ながらも守ってあげたいと強く思った。
だって彼女は彼の命を救い、父の無念を晴らしてくれたヒーローだったから。
そうして幼いスハは高校生の彼女を抱きしめ「僕が守ってあげる」と約束をした。


そうして10年の月日が流れ、彼は体を鍛えながらずっと彼女を探していた。
あの日の約束を守るために。


そして再開の時は訪れた。
ある日国選弁護人に選ばれた彼女の記事を新聞で見つけたのだ。
だから彼は会いに行った。
あの日助けてくれた彼女は、今はみんなのヒーローとして戦っているのだ…と感動しながら。


所が再会を果たした彼女は、あの時の彼女とは別人のようになっていて………。


「君の声が聞こえる」のキャスト

 チャン・ヘソン(イ・ボヨン)
 パク・スハ(イ・ジョンソク)
 チャ・グァヌ(ユン・サンヒョン)
 ソ・ドヨン(イ・ダヒ)
 ミン・ジュングク(チョン・ウンイン)
 オ・チュンシム(キム・へスク)

※この作品には吹き替えはありません。


「君の声が聞こえる」各話のネタバレ(あらすじ)と全体の感想

超ネタバレ

作品の中心となるネタバレだけをまとめました。


各話のネタバレ(あらすじ)


全体の感想


「君の声が聞こえる」のオススメ度&満足度

オススメ度:★★★★★
個人的満足度:★★★★★


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました