ゴールデンラズベリー賞って何?どんな作品が受賞してるの?

ドラマ
この記事は約3分で読めます。

アカデミー賞やゴールデングローブ賞など、映画の賞が色々あります。
そんな中、ゴールデングローブ賞という賞がある事、ご存知でしょうか?


どんな賞で、どんな人や作品が受賞しているのか、詳しく調べてみたいと思います。


スポンサーリンク


どんな賞なの?

ジョークみたいな賞という事ですが、この映画、なんと最低な映画に贈られる賞なのです。


1981年にジョン・ウィルソンにより創設された賞で、創設当初はいわゆるB級映画が各部門を独占していました。
現在では傾向が変わり、前評判が高いのに実際の出来が残念だった映画や、実績があるのに残念な役柄を演じた俳優が受賞するようになったようです。
更には出来が良いのに惜しい作品、カリスマ性が高く異色過ぎる作品なんかも受賞傾向に。


そしてここが面白いなと思った所なのですが、授賞式は本家アカデミー賞の前日に行われ、オスカー女優さんが授賞式に出席された事もあるんだとか。


名前の由来

野次の意味のRazzよりRazzie Award(ラジー賞)と名付けられたのが始まり。
Razzのもう一つの意味でもあるRaspberry(ラズベリー/木いちご)の実を模したトロフィーのデザインから、Golden Raspberry Award(ゴールデンラズベリー賞)と呼ばれるようになりました。


ちなみにそのラズベリーと呼ばれるようになったとされるトロフィーがまた面白いのです。
ゴルフボールで作られたラズベリーを金色に塗り、8mmフィルム缶に乗せ、木目の入った台所用壁紙を巻いて、タイトルを貼っだけのデザイン。
制作費用はなんと4ドル79セント(笑)
ですが、近年8mmフィルムが市場から姿を消しつつあるため、年々トロフィーの制作費が上がっているんだとか!


受賞歴のある私の知っている作品や人々

聞きなれない賞だな…と思った方もいると思います。
私はウィル・スミスさんがとても好きだった頃に、彼の出演作品について調べていた時に、この賞の事を知ったのです。


…と、意外と良く知っている方も受賞されていたりするゴールデンラズベリー賞。
ここではこんな作品が、こんな俳優さんがというのをご紹介して行きたいと思います。
すべてをご紹介するのは大変なので、私の知っている作品や人々のみを厳選してご紹介(笑)

受賞歴のある作品

・カクテル
・幸福の条件
・嵐の中で輝いて
・ランボー 怒りの脱出
・ワイルド・ワイルド・ウエスト
・キャットウーマン
・氷の微笑2
・トランスフォーマー リベンジ


受賞歴のある人々(俳優さんとか監督さんとか…)

・メル・ギブソン
・エディー・マーフィー
・キャメロン・ディアス
・シャロン・ストーン
・サンドラ・ブロック
・シルヴェスター・スタローン
・ベン・アフレック
・ウィル・スミス
・アル・パチーノ
・マイケル・ベイ
・トム・クルーズ
・ニコール・キッドマン
・アーノルド・シュワルツェネッガー
・ブリトニー・スピアーズ
・デミ・ムーア
・ジェニファー・ロペス
・ジョン・トラボルタ
・マライア・キャリー


意外と知っている方の名前、知っている作品の名前があったのではないでしょうか?


まとめ

アメリカらしい賞だな…と調べてみてしみじみと思いました。
ジョークとしてこんな賞を作り、授与してしまうって、なんか面白いですよね。


そして実際に授賞式に出席された女優さん、例えばサンドラ・ブロックとか。
懐が広いカッコいい方だなって思いました。


ジョークはジョークとして受け止められる懐の広さ、おおらかさを身に着けたいなと思いました。
…と最後の感想が、賞とはかけ離れた感じはありますが(笑)

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました